• コンピュータキャリア教育振興会 CAD実務トレーサー認定(建築部門) (2001.10.13)

    • 概   要         
      • CADトレーサーとしての実務基礎知識、実務図面の読解力と正確な写
        図指示書に従い迅速かつ的確な変更、追加などの対応能力が問れる

    • 試験日時 毎年1月,5月,9月頃 年3回   コンピュータキャリア教育振興会 で確認
              できます。

    • 受験費用 \12,000
            
    • 受験資格 制限なし 但し、一般受験者はノートパソコン持参の受験です。

    • 試験内容
      • 実技範囲
        複数枚の参考図を読解し、指示書に従い正確に写図する。
        筆記試験日に持参した課題図に対して指示書に従い、変更、追加を行う
      • 筆記範囲(全30問)
        【共通】真偽法10問 CADを使う上でパソコンを道具とした関連知識
        【建築専門】真偽法10問、選択式10問 建築製図関連
            
    • 合格基準
      • プロセス分野90ポイント以上かつ筆記・実技試験各60ポイント以上
            
    • 受験内容
      • 願書提出時から合否決定までを採点対象としたプロセス重視型を採用
        してる試験なので、ホームページで受験願書の雛型を参考にして作成
        し、受験申し込みをしました。数日後、事務局から筆記試験受験票、実
        技課題、前回試験問題が送られて来ました。筆記試験対策は前回試験
        問題を何回か繰り返し、実技課題指示書をもとに図面は休日を利用して
        作成しました。間違いが無いようにと、何回も確認して。
               
      • 課題内容(指示書)は以下のようでした。

        【設問】No1からNo4の図面を参照して、下記の図面を完成させなさい。
          (提出図面:A3版2枚)
          @1階平面図、A東側側面図、南側立面図、屋根伏図
        【作業指示書】以下の内容で細かく指示されてました。
          @線太さ、線種、図枠指示 Aレイヤー指示 B特記
          C図枠、表題欄(単位:実寸mm) ⇒ 実寸に注意です!
        【登録及び出図、提出に関して】
          FDに保存しラベルを貼り必要事項を記入し確認印を捺印
          A3用紙に出図し内容を確認後確認印を捺印
        【保存するファイル名】
          保存するファイル名も細かく指示されてました。
        【筆記試験当日について】
          @受験票、筆記用具、実技課題、出図用紙、保存したFDを持参
          A予備のFD、FDラベル、印鑑を持参
          B一般受験者はノートパソコン持参
          C事前に会場場所を確認して、余裕を持って会場に行く事
          D提出物(FD、出図用紙)は返却しません
               
      • 試験当日
        2001.09.09(日)大森駅近辺で昼食を取り試験会場の東京科学芸術専
        門学校大森実習場へ向かいました。試験開始は13:30からですので少
        し時間は有りましたが・・
        いよいよ試験開始です。時間は筆記及び実技合わせて90分です。筆記
        は共通問題が10問、建築部門が20問、共に真偽法(〇×式)でしたので
        何回か確認して、次は実技試験です。
        実技試験は実技試験指示書と3枚の図面からです。実技指示書には以
        下の事が指示されていました。
        【設問】HDに保存してきた実技課題を開き、指示書に従い作図し、提出
            用FDに保存しなさい
        【変更内容指示】1階平面図(No.5)に関する指示
            元図1階平面図(No.1)から変更後1階平面図(No.5)を参照し、追加
            変更箇所を把握し、該当する図面に対し正確に反映作図する事。
            上記の追加変更に伴う元図を変更し、新規ファイルとして保存する
            事です。
        さっそくノートパソコンを開き、図面を見比べ変更箇所を確認し、まず平面
        図を変更して立面図、屋根伏図を変更していく。出来上がった図面と指示
        書の図面を何回か確認して完了です。

      • 2001.10.13付けで合不判定通知書が届きました。封を開ける瞬間はいつ
        もどきどきします。”合格”の文字が見えてホッとしました。プロセス、関連
        知識は100ポイント、専門知識、製図技能は90ポイントでした。さあ次は、
        上級のCAD実務マスターへ挑戦ですが、それからCADで図面を書く事も
        無くなり、いつの間にか受験も止めてしまいましたが、また受験してみた
        いです。
    

試験情報は受験当時の内容ですので現在は一部変更になっています。