5/2(金) 青島ゴルフ倶楽部

    今日も快晴です。M本さんは今日も一人で観光です。堀切峠、鵜戸神宮、都井岬と日南海岸線を周って来るとの事です。 ようさんはM本さんの運転にまいったのか、昨日の焼酎が効いたのか、途中下車が多かったです。

    青島ゴルフ倶楽部に着き、M本さんと別れてゴルフです。天気もいいし、コースも広々としていて、午前中はのんびりとプレー出来ました。 昼食の時も、ようさんはまだ調子が悪いみたいです。僕も昨日少し飲みすぎたみたいで、食事も少ししか取れませんでした。

    さあ午後も張り切って行きましょう!・・・とスタート地点で、キャディーさんを待ってましたが、時間過ぎても来る様子はありません。 早くしないと、次の組のスタート時間になってしまいそうです。 とうとうMさんが、怒ったように 「ようさん、早くカートを持って来い!」 っていいながら、スタートしました。 しばらくしてキャディーさんが 「お客さん、待って下さい!待って下さい!」 と追いかけて来ましたが、 でも皆そのままプレーを続けています。

    ようやくキャディーさんが追いつくと、Mさんが 「どうして遅れたのか」 と聞くと 「会社から云われて急に午後から変わったんです、 急に云われたから」 と、言い訳がましく言っていたので、隣で聞いてたO塚さんが怒って延々と話し始めました。 「午前中のキャディーさんからは、何も聞いてないし遅れて来たのだから、まず謝るべきではないの? 会社が会社がって、それはおたくの勝手で、僕たちはお客としてゴルフを楽しんでいるのだから、遅れて来た事をまず謝るべきだ」 と優しくは言ってますが、これがなかなかきつい言葉です。にもかかわらずキャディーさんが、なかなか謝らないので、そのまま歩きながら、 そして延々と話してました。

    僕たちは勝手にゴルフをしてました。プライベートで回る時は、僕がいつも最初に打ちます。他の三人は上手いし、特にようさんはプロ並です。 それなので、へタッピーな僕からです。キャディーさんも最初は?でしたが僕をみて納得したようでした。 突然Mさんが 「ようさん!ピンそばに寄せて」 と言うと 「了解」 と、言い終わらないうちにピンそばにぴたりと・・。 「今度はロングだから思い切って打て!」 「思いっ切り打っていいんですね」 と言うとボールは、はるかカナタヘ飛んでいきました。 これを見てキャディーさんもビックリしたのか、今までうるさかったのが急に静かになってしまいました。 キャディーさんはきっと、ようさんは背も低いし、小柄なのでそんなに飛ばないのだろうって、思っていたのではないでしょうか?

    キャディーさんは、Mさんは見た目も怖い感じだし、O塚さんには延々と説教されたし、ようさん はこんなにゴルフが上手いなんて思っても無かったみたいだし、 (まあ僕はおまけみたいですが) 「お客さんたちは、東京で何をなさってるんですか?」 と聞いてきたので、Mさんが優しく 「僕たちは運転手付きで宮崎までゴルフに来たんですよ」 「もうそろそろ運転手が迎えに来るはずなのに、遅いなあ」 って言うから 「この人達は何者なの」 って感じで、またまたビックリしていました。      

    ロビーに行くと、M本さんが、またまたすっきりした顔で待っているではないですか。一同 「また、風呂入ってたの?」 「もちろん、いいお湯でしたよ!」 そうM本さんは昨日と同じように、広々としたお風呂で汗を流してたんです。

    ここで他の三人は、ゴルフバッグを宅配便で送ったんですが、Mさんが靴が無いって騒いでいました。 よく聞くと、朝ビーチサンダルで来たみたいです。なのでTシャツにビーチサンダル、おまけにサングラスをかけて歩いていました。 ゴルフ終わって、ようさんが支配人にキャディーさんのマナーの事を言ったらしくて、僕達が帰る時、すっ飛んで来て 「今日は大変ご迷惑をかけて申し訳ございませんでした。またのご来場お待ちしております」 って深々と頭を下げるものですから、従業員、キャディーさん一同ビックリしていました。 あのキャディーさんは最後まで 「あの人達は一体何者だろう」 って思ってたかも知れません。



"旅行記"のTOPへ戻る

Copyright© 2006-2018 宮崎ゴルフツアー. All rights reserved.