5/3(土) 砂むし会館「砂楽」、「富屋食堂」

    今日も、昨日に引き続きいい天気です。昨日は早く寝たのか今日は皆早起きです。今日は指宿と知覧まで遠 出です。山登りの好きなM本さんが朝早く起きて、近くを散歩に行ったらしいですが、出発の 時間になってもまだ帰って来ません。携帯を置いて行ったらしく、連絡も取れません。 「まさか 遭難」 でも近くには大きな山は無いし、ちょっとした林程度しかないので、遭難する程の事 は無いのですが・・。しばらくすると、息を切らして、汗ビッショリになっているM本さんが立ってい ました。M本さん曰く、散歩しててちょっと横道にそれて出る時に、反対方向に歩いて行ったらしいで す。それで家からだんだんと遠ざかってしまい、ようやく県道に出たらしいのですが、家の住 所も電話番号もわからないので、走って帰って来たとの事です。山登りが好きなのに、迷子に なるなんて、怒っていいのやら笑っていいのやら・・・

    自宅を出て、高岡経由で宮崎西ICから東九州自動車道へ。清武で宮崎自動車道に。都城、小 林を経由してえびのJCTで九州自動車道に入ります。途中都城付近では霧が濃くて走りにく かったですが、それ以外は走ってる車も少なくて、走りやすい自動車道でした。小林付近では左 手に高千穂峰、韓国岳が綺麗に見えます。山登りが好きなM本さんは、登ってみたいって言っ ておりました。そう云えば学校にいた頃、よく生駒高原、えびの高原とか遊びに行った事を思 い出しました。九州自動車道を南下すると、加治木あたりから錦江湾、桜島が綺麗に見えます 。鹿児島で指宿スカイラインへ。ここは山の上を走っていますので、錦江湾の海岸線が地図 を見てるみたいに見えます。終点まで行って一般道を走り、うなぎで有名な池田湖の近くを 通り、ようやく指宿の、砂むし会館「砂楽」へ到着しました。      

    入浴料 \900 (浴衣込み) を支払いさっそく砂ぶろへ。脱衣室で衣服・下着を全て脱いで浴衣に 着替え、タオルを持ってビーチサンダルを履いて海岸へ。タオルを頭に巻いて準備OKです。 しばらく待ちましたが、順番が来て指定された場所で仰向けになり、手は身体の横に置きま す。すると係員が全身に砂をかけてくれます。5分位すると汗が少し出てきます。何か横でペ タペタと音が・・な、なんとようさんがビーチサンダルで、身動き出来ないように砂を固めてるではな いですか。 「あっ、やめてー」 何だかお店の人みたいに、してるではないですか!でも違和感は 全然無いです。特に女性が来るとすぐに砂をかけに行ってました。10分もすると汗がジワーっ と出てきます。15分位して出ました。海に出るとやはり温泉が出てるのか暖かいです。女性の人 も多く来てました。でも女性の人が浴衣の下に何も着てないとやけに色っぽいですねぇ。





    指宿を出て西へ次は知覧へ向かいました。。開聞岳の裾野を見ながら北へ向かいます。さす が開聞岳、裾野が海岸線まで伸びているのは、いつ見ても雄大ですね!。道に迷いながら もようやく知覧に到着しましたが、やけに、車、人が多いです。連休だからかなと思いながらやっと 駐車できました。知覧特攻公園の方に向かっていくと、すごい人だかりです。近くまで行くと 慰霊祭が有るとの事でした。亡くなった方の、ご遺族・自衛隊関係の方々が沢山集ま っていました。そうか今日は 5/3 憲法記念日だからですかね。しばらくすると始まりそうでした ので、近くの知覧特攻平和会館へ。その前に平和会館の直ぐ隣に、当時の模様を復元した 三角兵舎があり、内部が見学できるので内部に入っていきました。当時は、知覧飛行場の松 林の中に散在してたらしいです。半地下式の木造のバラック建てで、屋根だけを下に置いた ような形で建てられていたので、三角兵舎と呼ばれていたそうです。内部は、中央の通路を 挟んで両側が一段高くなっていて、そこが畳敷きになってました。一人あたりのスペースが 今に比べて随分と狭いような気がしました。この他にも、特攻勇士の像 「とこしえに」 や母の 像 「やすらかに」 が建てられてありました。

    平和会館に入るとまず、特攻機が目に映ります。映像では見たことがありますが、実物は初 めてです。他には、特攻隊員の遺品や記録などの関係資料や、関係の人達の遺影や遺品が 展示してありました。別室では特別公演が始まりました。一人の人が写真や手紙を読みなが ら話を進めていましたが、その人の話を聞いていると、やはり涙ぐんできました・・・。そして館内 を一回りして外で記念撮影を。もうお昼も随分と過ぎました。皆お腹が空いてきたのですが、M さんが 「お昼は富屋食堂で!」 と言ってますので、みんな我慢してます。それから富屋食堂へ 向かいました。駐車場が込んでいましたので、「大変だ、込んでいる」 と言いながら急いで入 り口に向かうと先に行った人が立ち止まってましたので、「込んでいるんだ」 と思いながら行く と・・な、何と入り口に 「入場料\300円」 一同 「・・・」 そう記念館だったんです。みんなますます お腹が空いて危ない空気が・・・そこでO塚さんが何処からかさつま揚げを買ってきたんです 。それで少しは。さすが営業のO塚さん。

    金港湾の方に出て途中ファミレスでようやく遅い昼食です。運転手のようさん以外は、みんな 飲んだり食べたりで、小宴会でした。それから鹿児島で自動車道に乗り、一路宮崎へ。

    今日はバーベキュウの予定です。妹の家族も来る予定ですが、少し遅れぎみに到着しました。お肉 とかは妹に頼んでたんですが、なぜか買いすぎたみたいで、食べきれないくらいのお肉です。 久しぶりに食べた宮崎牛、地鶏等々美味しかったのでお酒も沢山すすみました。妹の子供達 (高三男、高一女) も普段はごはん食べ終わると、すぐいなくなってしまうらしいですが、今日に 限って、東京から来た面白いおじさん達の話に聞き入ってます。きっと東京から来たというと 、六本木とかお台場に住んでいるとでも思っているのでしょうか?住まいは全然違うのに!お腹 いっぱい、お酒も沢山飲んで今日も早くお休みでした。

"旅行記"のTOPへ戻る

Copyright© 2006-2018 宮崎ゴルフツアー. All rights reserved.