天盃メンバーで行く 小旅行 関東近辺

気ままな旅行記 TOP に戻る   

                        石神井公園にある居酒屋さんメンバーで行く小旅行
                        仕事の疲れを癒やしに、温泉に、飲みに、今宵は何処へ



      ☆ ハワイアンズ 2018.04.20 - 04.21

            ★ 注): カーソルを移動し  が表示される写真は、クリックすると拡大できます。



  9:25 石神井公園駅北口で待ち合わせ、5人揃って、9:30 出発しました。
 今回は、福島 「 スパリゾートハワイアンズ 」で、温泉です。タイトルは、親父達4人で行く 小旅行 関東近辺 ですが、今回は女性が一人参加しました。もちろん居酒屋さんのメンバーですが、 タイトルを変更しなければいけませんね!
 石神井公園駅から一路西へ、外環道に向かって走ります。9:48 大泉ICから外環道に乗り、美女木IC、川口IC、を通過、10:11 三郷JCTから常磐道に入りました。道路は比較的空いているので、快適に走って行きます。 柏ICを過ぎ、利根川をわたり、茨城県に入りました。右側にはつくばエクスプレス線が走っています。つくばJCT、土浦北ICを通過して、10:51 千代田パーキングで休憩です。10分ほど休憩後、車は再び北上します。
11:22 友部JCTを通過しました。水戸IC、日立中央IC、と順調に走って行きます。岡本パーキングを過ぎると、この辺は福島県いわき市です。ここまで来るともう少しです。12:29 いわき湯本ICを出て、海に向かいます。 一般道を 30分ほど走り、塩谷埼灯台に到着しました。


        集合は天杯前です           千代田パーキングで休憩             開通記念碑



塩谷埼灯台
 福島県いわき市平薄磯に建つ大型灯台、太平洋に臨み、北に薄磯海岸、南に豊間海岸と海水浴の適地に恵まれています。地元では 「豊間の灯台」 とも呼ばれているそうです。
 初点灯は明治32年12月15日、改築昭和15年3月20日と書かれています。  灯台は一般公開されており ( 有料 200円 ) 階段で100段ほど登ると、360°の展望台からの眺めは絶景です。
 海を守る燈台守の妻として幾多の苦難の道を乗り越えた手記「 海を守る夫と共に20年 」 が、「 喜びも悲しみも幾歳月 」 として映画化され、記念碑も建っています。
 灯台の近くには、美空ひばりの 『みだれ髪』 を歌う歌碑と遺影碑が建ち、その 200 m ほど北には、永遠のひばり像も建立されています。  




 長い階段を登ると、灯台入口に到着しました。ここは海上保安庁の管轄で、灯台に入るには場内整備費として 200円が必要です。200円を支払い、灯台の中の螺旋階段を登ります。


     いわき市内の観光案内板     「 喜びも 悲しみも 幾歳月 」の記念碑        記念碑の説明文


       長い階段を上ります              途中からの風景              遠くに海岸線が


        まだまだ上ります             もう少しで入口が           入口には塩谷埼灯台の看板が


       入り口の門を入ると             霧信号用ラッパが             塩谷埼灯台の説明板


      塩谷埼灯台 参観案内所           灯台入口を入ると           長い螺旋階段が待っています


 長い螺旋階段を登り外に出ると、360°見渡せる展望がいました。天気もよくて遠くまで見渡せます。下の見るとさすがに怖いくらい高さがあります。


                              ↑ 灯台からの景観 ↓

                              ↑ 灯台からの景観 ↓



 360°パノラマを楽しんだ後は、螺旋階段を下りて行きます。塩谷埼灯台 参観案内所で自分のお土産として、ストラップ( 400円 )を購入し、長い階段を下って行きます。 すぐ近くには、美空ひばりの記念碑が建っています。みだれ髪---塩谷崎灯台を舞台にした楽曲だそうです。


                             美空ひばり「みだれ髪」記念碑



スパリゾートハワイアンズ
スパリゾートハワイアンズは、福島県いわき市常磐藤原町蕨平にあり、5つのテーマパークと温泉大陸の常夏の楽園です。
4つのホテルと魅力あるテーマパーク、フラガール・ファイヤーナイフダンサーのポリネシアショー、バラエティ豊かな温泉が楽しめる「温泉大浴場パレス」と、 豊かな緑と花、江戸情緒あふれる「大露天風呂 江戸情話与市」屋内スパ「スプリングタウン」水に囲まれた屋外施設「スパガーデンパレオ」など、老若男女楽しめます。




 13:25 頃、塩谷埼灯台を後に、ハワイアンズに向かいました。
14:00 頃、ハワイアンズに到着しました。お昼はまだなので、館内にある 「そば処与一」 で遅い昼食です。まずはビールで渇いたのどを潤し、冷やし山菜蕎麦を注文しました。
昼食後、チェックインを済ませ、部屋は 1801号室です。夕食は、19:00 からなので、各自温泉に入り、くつろいでいます。僕は、6階にある温泉大浴場パレスで体を流し、 1階にある 大露天風呂 でゆっくりくつろぎました。


     遅い昼食は管内の「与市」            まずはビール                冷やし山菜蕎麦


                                   館内の様子


 19:00 から、3階にある グランダイニング ザ・パシフイック で夕食です。店内にはたくさんの人が、夕食を楽しんでいます。飲物は別途料金なので、飲み放題にしました。 まずは、ビールで乾杯です。そして各自食事です。普段はあまり食べない自分ですが、今日はたくさん食べました。みなさんお酒も進んでいるようですが、薄いと言ってWで頼んだり、 焼酎だけを頼んだりしていました。みんな飲べーですから。1時間半の宴が終わると、ビーチシアターへ移動しました。


    夕食はザ・パシフィックです             店内の様子                食事はバイキング


       まずはこんな感じで              おかわりです                 食後のデザート


 20:30 から 21:20 まで、ビーチシアターでポリネシアン・グランドステージ観賞です。まずは、ファイヤーナイフダンスです。ファイヤーナイフダンスは、 南太平洋の島国サモアに古くから伝わる「戦いでの勝利のジェスチャー」をもとにした踊りだそうです。大きなナイフの両端に燃えさかる火を点けて、 体の周りを、バトンのように自由自在に回しながら勇敢に踊っています。


       ファイヤーナイフダンスチーム 「シバオラ」 による、迫力ある“サモア”の伝統 躍動する火の踊り


 次は、ポリネシアン・グランドステージです。ショーは、ハワイの踊り、サモアの踊りと進み、生演奏がショーを盛り上げ、周りにはたくさんの人で盛り上がっています。 ショーの途中で、体験コーナーとして サモアの踊り があります。ここでは、一般のお客さんもステージに立ち踊っていました。 サモアの踊り、タヒチの踊りとショーは続き、エンディングが始まり、50分ほどのステージは終わりです。カメラを頭より高く掲げ、フラッシュで撮影していたら警備の人に注意を受けました。 後で確認したところ、禁止されている行為だそうです。

                     ↓ フラガールショー  ポリネシアン・グランドステージ ↓




                     ↑ フラガールショー  ポリネシアン・グランドステージ ↑


 興奮したショーの後は、部屋に戻ってまた宴会です。宴はあっという間に終わり、23:30 頃就寝しました。



 7:00 頃、起きて、昨日のお酒が残っていましたが、温泉につかり疲れを癒やしました。部屋でゆっくりして、8:00 から朝食です。またまた御かわりをして、お腹いっぱいになりました。 皆さんそれぞれに時間までくつろいで、10:10 頃、ホテルを後にしました。




 ホテルを出て、いわき湯本IC へ向かいます。常磐道に乗ったら一路南下します。途中トイレ休憩を経て、11:24 頃、日立南太田IC で降りて一般道を海側に向かって走ります。 しばらく南下すると、左側には立ち入り禁止の看板と囲いが続いています。ここが東海村の原子力研究所ですね、広大な敷地が広がっています。 この辺から道路が渋滞していました。有料道路の下をくぐりしばらくすると、市街地に入りましたす。ここからだと後1kmくらいですが、渋滞でなかなか進みません。魚市場へ行く車でしょう。

那珂湊おさかな市場
那珂湊おさかな市場は、茨城県ひたちなか市湊本町にあり、那珂湊漁港に隣接する魚市場です。
その日の朝に、水揚げされ、せりおとされた、新鮮な魚介類が店頭に並び、新鮮な地魚や魚介類を堪能できます。 鮮魚店や水産加工品店などが軒を連ね、那珂湊の海の幸がズラリ!格安で購入でき、敷地内には食事処もある観光市場です。






 13:00 頃、ようやく魚市場に到着しました。土曜日だからでしょうか?人でいっぱいです。お昼時も重なっているので、お店はどこも並んでいる人、人です。 何件か回って、回転寿し 海の家で待つことにしました。待ち時間がかかりそうなので、二日酔い気味の僕は、魚市場内を歩き回りました。車も、場内どころか、道路も渋滞していました。


        これから入る車も                駐車場内も                 車でいっぱい


                                 那珂湊漁港を望む



                          ↑ 場外も場内もたくさんの人、人 ↓




         天日干しの魚が           店頭に並ぶ新鮮な魚介類              店内の様子


         どんぶり屋                 お食事処「魚一」           左側の「海鮮丸」中央の「小舟」


15時回ったところで、ようやく順番がきて、店内に入ると、皆で海鮮丼を注文しました。ご飯の量は普通ですが、おいしいです。ネタは新鮮で、大きすぎて食べきれないほどの大きさです。 待っていた時間に比べると、あっという間の昼食でした。お寿司の乗ったお皿は元気よく回転していますが、お客さんの列は回転が良くないです。15:30頃、お店を出て帰路に向かいました。

市場寿し 海の駅店
那珂湊おさかな市場の南端にある『市場寿し海の駅店』は「ヤマサ水産」直営の回転寿司レストランです。とれたての新鮮素材で、おいしい旬のお寿司を堪能できます。






  15:35頃、駐車場を出て、20分ほどして水戸大洗ICから高速道路に入りました。友部JCTから常磐自動車道で都内に向かいます。途中守屋ICで休憩、三郷JCTから外環道に、大泉JCTで降りて、石神井公園駅に18:18 頃、到着しました。 いつもの居酒屋さんで精算と反省会、といっても、いつもの飲み会でした。20:22頃お店を出て、帰路に向かいました。

ホテル代 一泊二食 11,664 + 夕食時飲み放題追加 1,980 + 150( 入湯税 )+ ビーチシアター( 夜の部 ) 1,000
昼食(蕎麦)+ 高速代、ガソリン代で一人 21,300 です。

次回は紅葉の旅予定です。



  MENU